縁起を見る者

スッタニパータにこうあります。

 

650 生まれによって(バラモン)となるのではない。生まれによって(バラモンならざる者)となるのでもない。行為によって(バラモン)なのである。行為によって(バラモンならざる者)なのである。

651 行為によって農夫となるのである。行為によって職人となるのである。行為によって商人となるのである。行為によって傭人となるのである。

652 行為によって盗賊ともなり、行為によって武士ともなるのである。行為によって司祭者ともなり、行為によって王ともなる。

653 賢者はこのようにこの行為を、あるがままに見る。かれらは縁起を見る者であり、行為(業)とその報いとを熟知している。

654 世の中は行為によって成り立ち、人々は行為によって成り立つ。生きとし生ける者は業(行為)に束縛されている。--進み行く車が轄に結ばれているように。

655 熱心な修行と清らかな行いと感官の制御と自制と、これによって<バラモン>となる。
 これが最上のバラモンの境地である。

656 三つのヴェーダ(明知)を具え、心安らかに、再び世に生まれることのない人は、諸々の識者にとっては、梵天や帝釈[と見なされる]のである。

 

 

ここで仏陀は、『縁起を見る者』というのは、行為=業(kamma)がすべての原因だと知っている者と言っています。

 

業(kamma)は、身口意の行為です。

身業・口業・意業です。

このうち、意業は、思業といって、意思の内的活動、想い、です。

身業と口業は、思已業といって、想いが外に表われたものです。

つまり、業(kamma)とは、想いのことなのです。

 

想いがすべてを作るというのが、真実の『因果の法』です。

 

縁起を見る者とは因果の法を知るもののことです。

因果の法を知るとは、想いがすべてを作ると見極めることです。

 

十二縁起とは、無明から出る想いによって人間存在が苦の集積へと押し流されていく過程を解き明かしたものです。

 

 

ここで、因果の法を悟ったとわたしが解釈した『三明』が出てきます。

『3つのヴェーダ』という名称で出てきますが、このバラモン教の用語を仏陀は自分の体験からなる三明という意味で使っています。

 

また、ダンマパダの最初の言葉に沿う言葉も出てきます。

、ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。
もしも、汚れた心で話したり行ったりするならば、苦しみはその人に付き従う。---車をひく(牛)の足跡に車輪がついてゆくように。
、ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。
もしも清らかな心で話したり行ったりするならば、福楽はその人に付き従う---影がそのからだから離れないように。(ダンマパダ)

654 世の中は行為によって成り立ち、人々は行為によって成り立つ。生きとし生ける者は業(行為)に束縛されている。--進み行く車が轄に結ばれているように。

 

これを見ると、仏陀が言う『行為』とは、想いのこと、心のことだとはっきりとわかります。

 

今までの仏教なるものに親しんできた人には、縁起や因果という言葉がまるで違った意味と考えている人ばかりでしょう。

 

しかし、仏陀の真意は、『想いがすべてを作る』です。