龍樹以降の釈迦?

マニカナでの春間さんの投稿に驚きました。

 ↓↓↓

> 龍樹がいなくても釈迦は釈迦。

龍樹がいなければ、 龍樹以降の 釈迦はいない

> 龍樹がいなくても仏典は仏典。

龍樹以降の 仏典はない

 

 ↑↑↑

何ですか、これは?

『龍樹以降の釈迦』??

何を馬鹿なことを言っているんでしょう。

龍樹の500年前に釈尊は入滅しています。

しかし、ここに春間さんの本音が出ていますね。

春間さんが、『釈迦』というとき、龍樹仏教に脚色された『釈迦』を指すのです。

歴史上に存在し、多くの人を涅槃に導いた釈尊には何の関心もないのです。

ですから春間さんはよく『歴史上の仏陀などいません』と言っています。

あくまでも龍樹仏教の中の『釈迦』にしか興味がないのです。

ですから、原始仏典についての尊敬がなく、勝手に自分で『釈迦』の言葉を捏造して平気なのです。

春間さんはよく

『縁起を見るものは私を見る』という言葉をでっち上げて使っていました。

釈尊は、『法を見るものは私を見る』とは言いました。

また、『縁起を見るものは法を見る』とも言いました。

しかし、『縁起を見るものは私を見る』などとは言っていません。

釈尊の言葉を捏造するのは仏教徒ではありえないことです。

他にも『受想行識が一切です』と断言し、『仏典にあるから探しなさい』と言っていました。

仏典にあるわけないです。

このように原始仏典、仏陀の直説に対しての尊敬の念が全くない。

石飛先生は、芳和さんに対しては『仏典への尊敬がない』と注意していましたが、春間さんのこのような捏造には何も言いません。ダブルスタンダードです。

 

龍樹がいなければ龍樹以降の仏典がないなどというのもあり得ません。

大乗仏典は、紀元初頭から同時多発的にあちこちで作られていったのです。

龍樹がいてもいなくても大乗仏典は作られていきました。

 

石飛先生は芳和さんに『正しいことを言っているのなら、なぜ賛同者がひとりもいないのか考えたことはありますか?』と問いかけていましたが、同じ問いかけを春間さんにもするべきだと思います。